育児・教育に関する名言

最近、子供に関するいいニュースがありません。
幼児虐待・学校でのいじめ・学級崩壊などなど嫌なニュースばかりです。
ここでは育児・教育に関する名言を紹介して先人たちがどのように
育児について考えているのか?そして育児に悩んでいる人の為に
アドバイスしてみようと思います。


『子供を父や母に結びつけていた絆は、決して切れることは
ないけれども、それはゆるむのである。』

ローレンス(イギリスの作家・詩人)NEW

親子の絆は切れる事はないですが、子供が大人になるに
したがい独立していくものです。親は愛してあげるときはしっかり愛して、
突き放すときは突き放す両方の態度が必要なのかも知れないですね。


『子は親の鏡』

けなされて育つと、子供は、人をけなすようになる

とげとげした家庭で育つと、子どもは乱暴になる

不安な気持ちで育てると、子どもは不安になる

「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる

子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる

親が他人を羨(うらや)んでばかりいると、子どもも人を羨(うらや)むようになる

叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう

励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる

広い心で接すれば、キレる子にはならない

誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ

愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ

認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる

見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる

分かち合う事を教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ

親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る

子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ

やさしく、思いやりを持って育てれば、子どもは、やさしい子に育つ

守ってあげれば、子どもは強い子に育つ

和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、

この世の中はいいところだと思えるようになる

子どもが育つ魔法の言葉より


『すべての嬰児えいじは、かみがなお人間に
絶望していないというメッセージをたずさえて生まれてきている。』

タゴール(インドの詩人・思想家)

子供は将来、未来を担っていく人たちです。
子供が生まれてくる限り世界はずっと続きます。この名言は人間の
無限の可能性を言った名言なのでしょう!


『子どもには服従することさえ教えておけば、
ほかのことは好きにやらせてよい。』

B・フランクリン(18世紀のアメリカの政治家・科学者)

これはなかなか深い名言ですね。
子供には悪い事は悪いと言うことのみ教えて後はのびのび
育てて行こうと言っているのでしょうか?


『子どもは父母の行為を映す鏡である。』
スペンサー(イギリスの哲学者)

子供は親の事を良く見ているものですね。
そして、良くない所を何故か真似するものです。親になったら
子供の前では非常識な行動は取らない方がいいかも知れませんね。


『子供を不幸にするいちばん確実な方法は、
いつでも、なんでも手に入れられるようにしてやることである。』

ジャン・ジャック・ルソー(フランスの思想家)

これはいい名言ですね!我慢をさせないと
我慢しなければならない所で出来なくなって、『切れる子供』
になってしまうのではないでしょうか?


『子供を教育するばかりが親の義務でなくて、
子供に教育されることもまた親の義務かもしれないのである。』

寺田寅彦(明治期〜昭和期の物理学者・随筆家)

子供を育てる事は自分も人生勉強になることですね。


『子どもには、すべての最も大きな可能性がある。』
L・N・トルストイ(19〜20世紀のロシアの小説家)

そうですね。子供の可能性を信じてのびのび
育てていきたいものですね。


1999.7.9

名言温泉目次

名言掲示板

メインページ