人間関係の名言

人間関係に気まずくなった時

人と付き合っていると時に誤解から相手から嫌な思いをされる事が
ありますね。そして自分も相手に対して嫌な感情を抱く事もあります。
ささいな原因で人間関係というものは崩れる事がありますね。
ここでは人間関係を崩してしまって悩んでいる人の為に名言を
紹介してみたいと思います。

せっかく仲良くなったのに、仲違いを
してしてしまうと、悲しくありませんか・・?


苦手な人と付き合うときは?本当に悩んだ時に読んでください人間関係に気まずくなった時|処世術の名言

『目つき、口ぶり、身ぶりなどでも、相手の間違いを指摘することができるが、
これは、あからさまに相手を罵倒するのとなんら変わりない。
そもそも、相手の間違いをなんのために指摘するのだ・・・
相手の同意を得るために?とんでもない!相手は、自分の知能、判断、
誇り、自尊心に平手打ちを食らわされているのだ。
当然、打ち返してくる。考えを変えようなどと思うわけがない。
どれだけプラトンやカント論理を説いて聞かせても相手の意見は変わらない・・
傷つけられたのは論理ではなく、感情なのだから。』

デ―ル・カーネギ(NEW)

人に意見や批判を言う時は自分が正しくえらいと思って言ってしまう事がしばしばです。
でも相手は自分の自尊心を傷つけられたと思い、いい結果にならない事が多いです。
相手の自尊心を損なわずに自分の言いたいことを言うのは難しいですね。
相手に文句を言う時はまず相手の話を聞いてからにしたほうが良いかも知れないですね。


『自分の誤ちを認めることほど難しいものはない。
事態を解決に導くには、素直に自分の落ち度を認めるのが何よりである。』

ベンジャミン・ディズレーリ

もしも、人間関係が悪くなった原因が自分にあったときは、
自分から落ち度を認めてから話してみてはどうでしょうか?


『人間関係はこちらの出方次第。
あたかも鏡の前に立つようなもの。こちらが笑えば向こうも笑う。
こちらがしかめ面をすれば相手も渋面になる。』

邑井操

自分の話を聞いてもらうもに態度が悪いと聞いてもらえるのも
聞いてもらえなくなりますよ。まずは自分から相手へ礼を尽くしてくださね。


『長年の経験が私に教えたことが少なくても1つある。
相手が不快なことを口走っても嫌がらずに、
むしろ積極的にそれをとりあげて、
少しでも相手の意見を尊重していることを示すのだ。
そうすれば相手もこちらの意見を尊重してくれる。』

ベンジャミン・フランクリン

これは実行するのはなかなか難しいと思います。
誰だって不快なことを言われたら頭にきますから。
ですが、冷静になって相手の意見を聞いて見ると自分の問題点
が分かってくる事があると思いますよ。


『人間同士は誤解から時に悪感情を持つ事がよくある。その時、
相手の懐に飛び込んで真情を吐露すれば、必ずそれは打開できる。
私の経験からいえば、1度トラブッた人と仲良くなれば、むしろ
深く付き合うことができると思っている。』

長谷川仁

そうですね。自分の心にもんもんと不満を抑えているよりも
相手へ真情を話して、相手から真情を聞いけばお互いの何が問題なのか
わかりますよね。そこから何か解決策が生まれると思いますよ。


2000.10.27

人間関係の名言 メイン

名言温泉目次

名言掲示板

メインページ