人間関係の名言

苦手な人と付き合っていくには?

生活をしていると、自分と合わない人と
時には付き合っていかない時もあります。
そんなときどうやったらこの人と仲良くできるのだろう?
と考えることはありませんか?ここではそんな人の為に
ヒントになる名言を紹介していきたいと思います。


苦手な人と付き合うときは?本当に悩んだ時に読んでください人間関係に気まずくなった時|処世術の名言

『人々が自分に調和して
くれるように望むのは非常に愚かだ。』

ゲーテ(ドイツの作家)

そうですね、自分とは考えが違うのに自分の事を
認めてもらおうとはわがままですよね。自分から相手を認めてあげるのも
必要なのではないでしょうか?


『人間が1人でもおれば、必ず親切にしてやる機会がある。』
セネカ(ローマの詩人・哲学者)

誰かに小さくてもいいから親切にするのは大切な事ですね。


『君が教訓を学んだ相手は君を賞賛し、
親切をほどこし、味方になってくれた人々だけだったのか?
君を排斥し、論争した人々からも大切な教訓を学ばなかったのか?』

ウォルト・ホイットマン(アメリカの詩人)

そうですね。自分の嫌いな相手から学ぶ事もありますよね。
心の成長には多少の争いは必要なのでしょう。


『あなたが明日会う人々の4分の3は、
「自分と同じ意見の者はいないか」と必死になって探している。
この望みをかなえてやるのが、人に好かれる秘訣である。』

デール・カーネギー


『人間嫌いを直す簡単な方法は1つしかない。
相手の長所をみつけることだ。
長所は必ずみつかるものだ。』

デール・カーネギ

苦手だなとなんで思うのでしょう?
お互いのちょっとした誤解からくるかも知れませんね。
では、続けて名言をどうぞ!


『語り合ってみて理性も好感も感じられない人間が多いのは、
自分の言いたいことで頭がいっぱいで、相手の言葉に
耳を貸さない連中が多いからだ。』

ラ・ロシュフコー(フランスのモラリスト)

人はだいたい自分の話を1番に聞いてもらいたいもの
ですね。だから聞き上手になるのも必要ではないのでしょうか?


『われわれは自分を評価する物指しを使って
他人を評価しないことが、あまりにも多い。』

トマス・ア・ケンピス(ドイツの作家)

自分から親切にしたり、話すことで苦手な人がいい人に
なるかも??ではそんな名言を・・・


『みせかけの微笑みを見せたり、心に仮面をかぶったりしない、
真心のこもった、裸のままの親切には、人は決して抵抗できないものだ。
もしこちらがあくまで親切を続ければ、たとえ良心のひとかけらもない
人間でも、必ず 受け入れてくれるだろう。』

マルクス・アウレリウス(ローマ皇帝)


1998.12.6

人間関係の名言 メイン

名言温泉目次

名言掲示板

メインページ